トイレつきの高速バス

トイレが近いという人は少なくありません。年を取ったせいか、すぐにトイレに行きたくなってしまうという人は多いでしょう。長距離移動が難しいってそういう人は思うのかもしれません。高速バスは、運賃も安いので気軽に利用できる交通手段ではありますが、ほかの交通手段と比べてみると、移動する時間が長くなってしまいますので、トイレが近い人は敬遠しがちではないでしょうか。トイレ休憩をすることもありますので、あまり問題はないと思いますが、トイレが近い人であれば、トイレ休憩だけでは厳しいのかもしれません。実は、トイレつきの高速バスがあるんです。しかも、珍しいことではありません。もちろん、トイレがついていないこともありますので、事前に確認する必要はあります。短距離の場合は、トイレがついていない可能性も十分考えられますので、特に注意したほうがいいでしょう。

トイレつきであれば、問題はないでしょう。とてもトイレが近い人であっても、高速バスの中にトイレがあるわけですから、トイレに行きたいときに行くことができます。どのようなトイレなのかが気になるかもしれません。和式か洋式かといえば、まず洋式トイレでしょう。あまり広くはないようですが、手すりがついていたりしますので、安定感があるでしょう。トイレには手すりがないと困るという人も少なくないと思いますが、その点は安心してください。もちろん、高速バスによって違ってきますが、大きな鏡がついている洗面台がついていることもあるんです。トイレつきといっても、それぞれ違ったタイプのトイレが備え付けられています。どうしてもどんなトイレがついているのかが気になるようであれば、予約するときに問い合わせてみてください。写真を見せてもらえるかもしれません。トイレつきの場合は、トイレ休憩がないと思ってはいませんか。トイレがついていてもトイレ休憩がある場合も少なくありません。長距離移動ですし、長時間移動でもありますから、トイレ休憩で外に出て用を足すのもいいのではないでしょうか。高速バスについているトイレは狭いと思いますので、それは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

また、揺れがひどいときは注意して用を足しましょう。トイレが近い人は、予約するときにトイレの近くの席にしてもらうというのもいいでしょう。トイレが心配で利用したことがない人もいるかもしれませんが、トイレつきを利用すれば問題ないでしょう。